ISO取得を目指すなら脆弱性対策などについても知っておこう

取得をする

ISO取得をするためには費用がかかってしまいますが、審査する場所によって審査員の日数などが異なります。ISO取得には従業員100名でおよそ100万とされています。

Read More

審査をする

脆弱性対策は万全ですか?:PFU

ISO9001取得の費用

ISO9001については、品質マネジメントシステムを構築して、それが規格に適合しているかを審査してもらう必要があります。この審査においては、国から認められた審査機関が、決められた方法で審査を行う必要があります。その企業の規模に応じた審査員が派遣され、通常1日〜2日程度審査を行うことになります。ISO9001は企業の全ラインで適用している場合が多く、それなりの工数が必要になってくるのが一般的です。審査員の人数とその時間数で審査費用が決まる仕組みになっており、従業員100名ほどで、全従業員が対象となっている場合、審査員3名で2日分の工数で120万円〜140万円程度の金額になる場合が多くなっております。

ISOの価格の傾向について

ISO9001取得においては、準備を始めてから、取得するまでに一年半ほどの期間がかかるのが一般的です。品質マネジメントシステムを構築していくこと、その下位文書にあたる規定、手順書類を整備していくためには、ある程度の期間がどうしても必要になるわけです。実際、ある程度の準備がそろった時点で、予備会議が行われ、そこである程度のめどが立っていることが確認された場合、本会議に入っていくのです。 こういったことから、ISO9001の認証取得に至る、初回の審査までは60人程度の企業であれば、100万円ほどの費用を考えておけばよいでしょう。もちろん、審査期間は外資も含め、競争原理が働き、価格の引き下げ傾向が出てきております。どの審査機関でも認証取得は可能であるため、状況に応じて選択することができます。

機械を使う

機密書類は厳重に保管をする必要がありますが、処分が必要なときは機械などを使って書類をバラバラにしていきます。適切に処分できなければ悪用sれてしあむ場合があるので、確実に処分したいときは書類を溶解するのが一番良いです。

Read More

コストがかかる

例えば食品会社であれば便利なシステムを作ることで作業を効率的に進むことができます。ISO22000審査をするときには費用がかかるので、事前にいくらかかるのかチェックしておく必要があります。食品会社に特化したものとして現在はISO22000が一般的になっています。

Read More

対策をする

セキュリティホールとも呼ばれる脆弱性対策はプログラムの更新などをして対策を行ないます。ですがそれでも完璧に対策できたとはいえないので、専門家に相談して対策をする必要があります。犯罪者などは脆弱性を利用してくるため、普段から対策をしておくとトラブルから身を守れます。

Read More

特定の情報

特定の情報だけを盗もうとする標的型攻撃があります。これらはウィルスを侵入させるものだけではなく、不正プログラムを実行してあらゆる情報を奪い取っていきます。大切な情報を守るためにはオフライン状態でパソコンを使用した方が狙われにくくなります。

Read More